老けて見える最大の原因「ほうれい線」を消す!

  1. トップページ

化粧品・サプリメントの検証レポート

当サイトでは、ほうれい線(シワも含む)の解消のために、様々な化粧品やサプリメントなどを検証しています。全て、管理人が自腹で買って、その効果や使い心地をレビューとして書き残しています。皆様のほうれい線対策に少しでも役立てば嬉しいです。

ほうれい線を解消するために

ほうれい線は老若男女関係なくあるものですが、年齢や肌質によってシワの深さというのは違ってきます。では、なぜ人によって差があるのでしょうか。

ほうれい線で悩んでいる人はたくさんいますが、意外とその原因を知っている方は少ないです。出来てしまう原因を知ることで、しっかり対策をしていきましょう。

最も多い原因

  • 乾燥
  • 紫外線
  • 弛み

生まれながらの肌質があり、若い頃からほうれい線がある人は乾燥肌の人が多いです。

紫外線も大きく関係していて、多く浴びすぎることで皮膚組織を破壊されてしまいます。その結果、乾燥肌にもなりやすくなり、ほうれい線も目立つようになってしまいます。

また、年齢を重ねていくと、筋肉が弛みやすくなってきます。年齢と共に胸が垂れたり、お尻が垂れたと感じるのと同じように顔の筋肉も弛んできます。そのたるみがシワやほうれい線に現れているのです。

基本的な対策

ほうれい線は既にできている人やこれからできる人など様々いますが、原因が分かれば後は対策をしていくだけです。

乾燥対策として保湿クリームを利用したり、日傘や日焼け止め防止グッズを購入することで紫外線対策をしてください。

  • 保湿は保湿クリームだけでなく化粧水や乳液に保湿効果の高いものを選ぶのも乾燥肌対策の一環に
  • 紫外線は夏だけでなく、春夏秋冬ありますから、外にでるときはなるべく日焼け止めを塗るように
  • 保湿クリームを使いながら、顔のマッサージをすると、保湿をしながら顔の筋肉を鍛えることもできますから一石二鳥
  • 表情筋を鍛えるために、「あいうえお・・・」と大きな口で毎日言うだけでも効果あり

原因は他にも内部からくる食生活やストレスも関係してくる可能性もありますので、できるだけストレスをためずに健康的に生活するのも大事です。

栄養面でも、サプリメントを飲む以外に、青汁やグリーンスムージーなどで野菜の栄養を摂ることも大切。化粧品などに比べて、ほうれい線の解消に遠回りのように感じるかもしれませんが、健康あってのアンチエイジングなのです。

毎日飲みたい!青汁おすすめランキングへ

ほうれい線ができやすい、深くできている人というのはシワやたるみも同じ位できやすい人ですから、ほうれい線対策をすることで他の効果も現れやすいです。