加齢とともに異なる効果的なケア

  1. トップページ
  2. 年齢によって異なる原因と対策法

年齢別の主な原因

実はほうれい線の原因は年齢によって若干変わってきます。

例えば、10代に乾燥肌で肌が弱っている状態の肌に、外での運動の際に紫外線対策をしないままでいるとすると、乾燥肌が悪化していしまい、20代でそのツケが現れてきている可能性があります。

30代になると、皆さんも知っているように加齢による原因が増えてきます。

  • 10代:生まれながらのものだったりもしますが、乾燥肌が原因な事が多い
  • 20代:乾燥肌プラス紫外線が原因
  • 30代~:加齢

加齢からくる、ほうれい線への対策

  • 筋肉の衰え
  • 新陳代謝の悪化
  • 肌の水分保持機能の低下

30代になるとこれらの症状が現れてくるため、一般には30代からほうれい線を気にする人が多いです。

40代からのほうれい線対策

40代50代になると、ほうれい線があって当たり前という考えの人が多くなり、ほうれい線ができるというよりはほうれい線の溝が深くなるという状態になってきます。

  • 保湿ケア
  • 紫外線対策
  • 表情筋を鍛える

20代と30代では意識する箇所が異なりますが、年齢に関係なくやっていかなければならないのが紫外線対策と保湿ケアです。

二つの対策はほうれい線だけでなく、美肌効果としても良く言われていることですが、ほうれい線の原因も乾燥肌が殆どですから、保湿や紫外線対策は必須ということになります。

他にも、若い頃から表情筋を鍛えることは大事ですが、30代になってくると、特に筋肉というのは衰えてくるものです。

若い頃に意識している以上に表情筋は意識してつかっていくことが、実はほうれい線対策と予防になっていくのです。顔マッサージを毎日するだけで、意外と表情筋も使っていますから、トレーニングというよりはマッサージ感覚でやると毎日気軽にできるかもしれません。

50代でほうれい線が全くないという人はいませんが、改善はできますが、綺麗にほうれい線をなくしてしまいたいなら、ヒアルロン酸注入などの整形をするのも一つの手だと思います。

50代の方へのアドバイス

50歳だから・・・と思わずに50歳だからこそ、綺麗でいたいと考えてください。年齢に関係なく、女性は綺麗でいたいものですから、その為の努力は何歳になってもやっていくことに意味がないことなんてないのです!