プチ整形でほうれい線を消す

  1. トップページ
  2. 美容注射のメリット・デメリット

美容注射で若返り

ほうれい線やシワが気になり、整形外科などで美容注入をする方が年々増えています。

それも、若い方がやるのではなく、50代60代の俗に言うシニア世代の方々の利用がここ最近は増加しています。ですが、美容注射といっても、何を注射するかは人それぞれで、人気があるのは3種類の美容注射です。

注射の種類

  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • コラーゲン

ヒアルロン酸注射

ほうれい線を消すための美容注射の代表といっても良いほど、利用者が多いです。ヒアルロン酸を直接肌に注入することで、不足していたヒアルロン酸が補われ、肌のハリが取り戻せます。

プラセンタ注射

最近増えてきた美容注射で、新陳代謝や血行が良くなり、プラセンタの中には色々な栄養が入っているため、プラセンタ一つでたくさんの栄養が賄えるそうです。

他にも、コラーゲン注射などハリを取り戻すための注射はたくさんあります。

メリット

定期的に注射しつづけることで、常に肌にハリがあり、ほうれい線がない状態が維持できるのが、美容注射の何よりのメリットです。

デメリット

美容注射を用い、ほうれい線のない綺麗な肌でいる為にはデメリットもあります。

定期的にかかる費用

一回につき1万~ありますが、最低でも半年に一回は注入しないと、注入した成分が流れてしまい、もとの肌になってしまいます。

ニキビや拒絶反応

ヒアルロン酸やプラセンタを直接注入したことで、拒絶反応がおきたり、ニキビや吹き出物ができる可能性があります。

施術者によって痛みが伴ったりなど他にもデメリットはありますが、利用者が増え続けるという事は、それでも綺麗でいたいと思う女性の気持ちがたくさんいるということです。

美容注射ワンポイントアドバイス

美容注射をやっている方は、年齢よりも10歳以上若くみられることが殆どで、肌も綺麗でハリがありほうれい線もあまり目立たないことが殆どです。一度やり始めると、継続しないと満足できない人が多く、ヘビーユーザーも多いです。

メリットデメリットを認識したうえで、自分が本当に必要かどうかを考えてから施術すると良いと思います。プチ整形と呼ばれたりして、楽にみえるかもしれませんが、見えないところで苦労や努力をしているからこそ綺麗なのです。