片手間で解消するためのセルフケアの方法

  1. トップページ
  2. 自宅で出来る対策のまとめ

ほうれい線対策を自宅で行う方法

エステなどに通っている人は、やはり肌が綺麗だったり、ほうれい線がなかったりして年齢よりも若く見られる方が多いです。

ですが、エステなどは誰もが受けれるものではありません。金銭的に余裕があり、なおかつ時間にも余裕がないと通えないものですから、ほうれい線を改善するために通うというのは厳しい人が殆どです。

綺麗でいたい、若く見られたいと思うのは皆同じ気持ちです。そんな方の為に今回は自宅でできる、ほうれい線が薄くなる、改善する方法を紹介します。

効果が期待できるセルフケア

  • 顔ストレッチ
  • 顔のリンパマッサージ
  • 保湿
  • 美顔器などのグッズ

顔ストレッチ

表情筋を鍛えるための運動です。「あいうえお」を大きな口ではっきりと何回も繰り返すだけで顔の筋肉は使われていますので、顔のトレーニングになります。

他にも、頬を膨らませてみたり、舌を口内でまわしてみたりすることでも顔のストレッチになります。さまざまな方法がありますので、自分がやりやすい方法を見つけるのが良いです。

顔のリンパマッサージ

血流を良くして、肌のツヤハリを良くします。リンパには流れがありますので、手やスプーンなどを利用して、リンパの流れに合わせてマッサージをしていく方法です。

保湿

化粧品や保湿クリームもそうですが、今回は顔パックをお薦めします。片手間でできますし、エステとまではいかなくても毎日やっていけば乾燥肌が改善され潤いある肌になっていきます。

美顔器などのグッズ

金銭的に余裕のある方にお薦めで、保湿効果の美顔スチーマーや、表情筋を鍛える美顔ローラーなどが販売されています。

自分でケアを行うメリット

自宅でほうれい線対策を行う上での良い所は、片手間でできることと、自分で費用や時間を決められることです。紹介したものの殆どが、テレビを見ながらでもできる方法ですから、ほうれい線予防だけに時間をとられることはありません。

ワンポイントアドバイス

自宅でも毎日ケアしてあげることで、エステ以上の効果がでることもありますから、自宅でやる意味はないと思わずに続けて下さい。ほうれい線ケアも一年間続けている人とまったく何もしない人では、大きな差がでてきますし、その差が見た目年齢を変えていきます。