季節別スキンケア:夏

  1. トップページ
  2. 夏季に心がけるべきケア

夏の終わりはほうれい線が深くなる?!

夏の終わりにほうれい線のシワは深くなりやすいといわれています。何故ならば、夏の間にうけたダメージが、夏の終わりに現れ始めるからです。

冬は乾燥が酷いため、ほうれい線を悪化させやすいというのは知られていることですが、実は夏の方がダメージとしては大きなダメージを与えている可能性が高いのです。

紫外線は肌老化の最大の敵

夏にやっておきたいほうれい線対策を紹介します。

  • 紫外線対策
  • 保湿対策
  • お肌のゴールデンタイムを意識する

紫外線対策

春から夏にかけては特に紫外線が強いですから、肌のダメージが大きいです。紫外線は乾燥ではないし、関係ないのでは、と思われがちですが、紫外線こそ要注意なのです。

紫外線を多く浴びていると肌がダメージを受け、紫外線によって肌のコラーゲンが破壊されてしまいます。コラーゲン以外の成分も破壊していきますので、肌のハリに大事なコラーゲンやヒアルロン酸などが減少することで、乾燥肌にもなり、ほうれい線も深くなってしまうのです。

保湿対策

夏は皮脂が多くテカリやすいため、保湿がされていると思う方もいますが、そんなことはありません。目に見えている部分だけがテカッているだけで、肌の奥は乾燥している可能性があります。

そもそも、皮脂が多いというのは、乾燥が原因とも言われていますので、皮脂が常に多くでている状態が続くようでしたら、それは肌のSOSの可能性もあります。

肌の奥まで保湿をするためにも、保湿力の高い化粧品を選び、正しい洗顔をし、たまには保湿パックも施してあげることをお薦めします。

お肌のゴールデンタイムを意識する

肌にはお肌のゴールデンタイムと呼ばれている時間があります。21時から2時の間は肌にとってとても大事な時間で、この時間帯に睡眠をしっかりととることで、肌に休息をあたえ、肌のターンオーバーが活性化されるといわれています。

一日だけでは気付きにくいですが、一ヶ月も続けていると、肌の調子が変わりますし、ニキビもできにくい体質になっていくといわれています。

まとめ

夏だから大丈夫ということはありません。冬も夏も春夏秋冬関係なく、ほうれい線対策はやっていかなければ、肌の老化はどんどん進んでいってしまいますので、ほうれい線予防や対策は油断せずにやっていくことが一番です。